リトルズ法律事務所

交通事故に強いオーストラリアの弁護士
被害者専門の弁護士チームがオーストラリアでの事故対応と示談交渉を行います。


新着記事

  • second-whv

    ワークカバー申請とセカンドビザについて

    オーストラリアに訪れるワーホリの方の多くが、セカンドビザ取得のため地方で指定された仕事に就きます。しかし、この指定された仕事中に労災や交通事故に遭い働けなくなってしまった場合、セカンドビザはどうなってしまうのでしょうか? 移民法では、セカンドビザを取得するには地方で88日間以上の指定された仕事をする ...
    続きを読む
  • insurance-claims

    海外旅行保険と事故時の保険請求について

    オーストラリア国内で交通事故、労働災害、旅先での不慮の事故などにあってしまった場合、現地の州の法律の下、被害者は様々や請求や手当てを受ける資格があります。一方で、オーストラリアにワーホリ、留学、観光で来られる方の多くは日本で海外旅行保険に加入してから来豪されます。海外旅行保険では事故の際、主に以下が ...
    続きを読む
  • work injury claim

    NSW州の労災の訴えについて

    前回、NSW州で労災にあった方はStatutory ClaimとCommon Law Claimの二種類の請求があるということに簡単に触れました。今回はCommon Law Claim(労災の賠償請求)がどういった手続きか説明いたします。 ・過失によるケガ 雇用者の過失により職場でケガをした方は雇用 ...
    続きを読む
  • NSW workcover

    NSW州の労災申請について

    NSW州の労災申請について Q. 仕事が原因でひどい腰痛に悩まされています。病院で診てもらったところ、労働災害の請求(WorkCover claim)が出来ると言われたのですが、労災請求の手続きとはどのようなものか教えてください。 A. 勤務中、あるいは休憩中や通勤途中にケガを負った人は労災の請求を ...
    続きを読む
  • labour hirer image

    派遣労働:人材派遣会社の解雇時の義務

    先日、フェア・ワーク・コミッション(FWC)は人材派遣会社が正当な理由なく、然るべき手続きを踏まずに派遣労働者の派遣を中止した場合、不当解雇となる判断をくだしました。今回は少しこの判例をご紹介したいと思います。 背景 Kさんは人材派遣会社のA社を通して、N社でカジュアルで平均週38時間以上の勤務を約 ...
    続きを読む
  • sexual harrassment image

    従業員のセクハラと雇用主の責任について

    近年、雇用主が従業員によるセクハラ行為の代位責任を負うことを再認識させられる判例が続いています。NSW州の判例では、ナイトクラブ勤務の男性スタッフによる、同僚の女性バーテンダーへのセクハラ行為について、クラブ経営者側に代位責任があると判断されました。 このケースでは、男性スタッフが被害者の胸を触る、 ...
    続きを読む
  • medical bill image

    事故の治療費は誰が払うの?

    Q&A 事故の治療費は誰が払うの? Q: 昨年、横断歩道を青信号で渡っていたところ、不意に左折したきた車にひかれてしまいました。救急車で病院に運ばれ検査などを受けて一晩入院しましたが、幸い大きなケガはなく翌日退院しました。その後、自宅療養を続け問題なく回復しましたが、最近その病院から治療費 ...
    続きを読む
  • Seatbelt

    交通ルール違反と賠償請求

    今回は身近にありがちな交通ルール違反時に事故の被害者となってしまった場合、法的にどのような意味を持つかご説明したいと思います。 交通事故関係の問い合わせでしばしば耳にするのが、「事故当時シートベルトをしていなかったのですが請求は可能ですか?」といった類の質問です。これにお答えするにはまず交通事故の損 ...
    続きを読む